治療費と保険診療について

治療費と保険診療について

イボは保険適用か?

胸のイボの治療で気になるのが保険適用範囲と治療費ではないでしょうか。美容上取り除く方法だと保険が適用されないと感じてしまいます。
実際には良性の腫瘍で年齢的に発生するイボと診断されれば、保険が適用でき治療費もわずかで済みます。ただし治療方法によっては保険が適用されないこともあるため、このイボ自体が保険を適用できないというよりは、治療法によって利用できないと考えておけば良いでしょう。

 

保険が適用されるイボの治療

例えば、液体窒素やハサミで切除する方法は医療保険が適用されています。この場合10個以下で小さなものなら1,000円以下、それ以上になっても5,000円しないくらいで済みます。これに初診料や診察代、薬代などを加えて支払います。このくらいの費用で簡単に取れるなら治療を選択しても良いと考える方も多いのではないでしょうか。

 

保険が適用されないイボの治療

保険が適用されないのはレーザーを使った治療方法です。液体窒素だと跡が残りやすいイボ、顔など目立つ箇所のイボに利用されています。また数が多い胸のイボなどにも利用される傾向があるようです。
また、ヨクイニンなど飲み薬や塗り薬は保険が適用されます。通常は液体窒素やハサミでの切除と兼用することが多く、単体のみでは確実に取れるとはいいきれません。