治療する病院の種類

治療する病院の種類

イボの治療について

胸にイボができて見た目などが気になる場合、治療を選択すると良いでしょう。しかし、皮膚の疾患とはいえ、どの病院を選んだら良いかは迷ってしまうものです。腫瘍なのだから形成外科が良いのか、それとも美容に関することのため美容外科や美容皮膚科が適切など、分かりにくい部分もあります。どの病院も一概に間違ってはいないのですが、症状やかかる費用、大きさなどに合わせて選ぶのが適切だといえます。

 

皮膚科か?美容皮膚科か?

まず一番悩むのが皮膚科にするか、美容皮膚科を選ぶかです。保険が適用される腫瘍なら皮膚科、美容上取り除きたいなら美容皮膚科を選べば良いでしょう。小さいイボなら皮膚科でも十分綺麗に取り除くことができ、更に保険が適用されるため安価な値段で治療ができます。その一方で美容皮膚科は保険適用外の治療方法も選択しやすいため、皮膚科では跡が残りそうな場合に利用しても良いでしょう。

 

大きくなったイボの治療

また、胸のイボが大きく外科手術が必要になると、形成外科のほうが適しているといえます。皮膚科だと小さな腫瘍のみにしか対応していないことがあります。胸のイボは年齢と共に大きくなって垂れ下がったような形状になることがあり、そうなると外科手術が必要となるのです。本来は小さいうちに治療したほうが良く、簡単に切除できる頃に皮膚科を受診したほうが良いでしょう。